クラウドサービスに関して

All Gather CRM クラウドサービスに関してご説明します。

クラウドサービス

All Gather CRM クラウドサービスでは、All Gather CRMの充実した機能や優れた操作性をそのままお使い頂けます。OBC奉⾏シリーズとの連携、CTI連携などの豊富なオプションも パッケージ(オンプレミス)と変わらずご利⽤頂くこともできます。

クラウドサービスならCRMがもっと便利になる!

現在インターネット上でメールを管理したり、データを保存したりしている方も多いかと思います。
クラウドサービスとは、ハードウェアやアプリケーション、データなどを「インターネットの向こう側」からサービスという形で必要に応じて利用することができます。
All Gather CRMは、SaaS(Software as a Service)型のクラウドサービスとして、お客様へCRMアプリケーションをご提供いたします。

All Gather CRM クラウドサービスにはこんなにメリットがあります!

自社設置型と変わらない使いやすさと拡張性!

ご好評頂いておりますAll Gather CRMの充実した機能や優れた操作性をクラウドサービスでもそのままお使い頂けます。OBC奉行シリーズとの連携、CTI連携などの豊富なオプションも自社設置型(オンプレミス型)と変わらずご利用頂くこともできます。

いつでも最新バージョンのアプリケーションを使える!

クラウドサービスでは、最新バージョンのアプリケーションをご提供いたします。また、バージョンアップも自動で行われるため、バージョンアップの手間も省け、常に最新の環境で快適にご利用頂けます。

専任スタッフによるサーバ管理なのに運用コスト、管理コストがかからない!

専任スタッフが常時サーバーやアプリケーションの監視を行い、安定したサービスをご提供いたします。
また、メンテナンスやバージョンアップ等の保守作業も責任をもって実施させて頂きます。

外出先でも使えるからどこでもオフィスに早変わり!

自社設置型(オンプレミス型)の場合、外出先などの社外から利用するためにはリモート接続の環境等を構築していただく必要がございましたが、クラウドサービスではインターネットに接続できればどこからでもアプリケーションを利用できます。(不正アクセス防止策として、IPアドレス制限により外出先からの利用を禁止することもできます。)

災害発生時の事業継続対策として!

CRMアプリケーションという性質上、蓄積されたデータは企業にとって非常に価値のある貴重な資産となります。
クラウドサービスを提供しているデータセンターは災害対策済みの設備となっておりますので、万が一の災害時にも安定したサービスをご提供し、事業継続に貢献いたします。

万全のセキュリティ対策で不正アクセスを防止!

徹底した不正アクセス、情報流出への対策を実施しております。サーバーOSやアプリケーションに脆弱性が発見された場合も迅速に対応いたしますので、安心してご利用頂けます。

2つのサーバープラン

All Gather CRMクラウドサービスでは、お客様のご利用規模に応じて共有プランと専有プランから選んでご利用いただくことが可能です。 
プランの違いは、提供形態にあります。

専有プラン

1つの企業がサーバー領域を自社専用として使用します。

共有プラン

複数の企業がサーバー領域をシェアをして、共有して使用します。

All Gather CRM を今すぐ体験!

All Gather CRMを体験してみてください。きっと新たな「ひらめき」が生まれるはずです!